シミが作られる仕組みとは

シミで悩んでいる人は多いと思います。 特に女性に多いのではないでしょうか。 折角綺麗な服を着て、一生懸命髪をセットし、メイクアップをしても、シミがあっては勿体ないですし、そもそもシミがない素肌美人を望む女性も多いと思います。

それではそもそも、シミとは何なのでしょうか。 シミには老人性色素斑、脂漏性角化症、炎症後色素沈着、肝斑、雀卵斑点、など幾つかの種類があり、シミができる理由も、睡眠不足やホルモンバランスの崩れ、加齢による代謝力の低下、など幾つかありますが、多くの場合シミは、紫外線による、メラニン色素の色素沈着が原因で作られます。

通常、メラニン色素を含む皮膚の組織は、新陳代謝によって定期的に剥がれ落ち、新しい皮膚が作られますが、様々な理由でメラニンの性質が変わったり、増えたり、メラニン色素が一箇所に固まって残ってしまい塊になったりすることにより、その結果シミができてしまいます。 「メラニン」、よく聞く言葉ですが、これがシミの原因だったのですね。


参考サイト

▲ページトップに戻る